自由葬

社会の変化によって、お葬式も変化していっているというのに気付いていましたか?
今まで日本の葬式というのは、仏教式なものや宗教的な儀式のあるスタイルで行われてきた。
また、そのスタイルには、故人の死を盛大に見送るというものも含まれていたんです。
盛大に見送ることが、故人への最大の餞であって、喪主や関係者の面目を守るというような意味合いも兼ねていたので、友人、知人、近隣、仕事関係といった多くの人の参列があった。

地方の方では、未だにこのようなタイプを取り入れているところもありますが、都心部では変化していっています。
その一つに葬儀費用を抑えるための小規模化があります。
小規模化は、葬儀費用が落ちるのと同時に、今の日本の状況を大きく反映しているものだと言えます。

というのも、少子高齢化や核家族の増加、収入減によって高い葬儀費用を払えなくなってしまったことです。

他にも、無宗教化があります。
無宗教化が増えている理由として考えられているのは、葬式仏教への疑問や批判が増えてきていること、読経や戒名だけの割にお布施が高く、葬儀費用が高くかかってしまうということもあります。

今は、コストを抑えて、宗教概念にとらわれない自由葬が人気があります。

お葬式の費用って実際どれだけかかるかきになりますね葬儀 埼玉に問い合わせてみませんか?色んな役立つアドバイスがもらえますよ。




What's New

2013/02/05
新着情報3を更新。
2012/11/08
新着情報2を更新。
2012/08/10
新着情報を更新。
2012/04/13
家族葬を更新。
2012/04/13
火葬を更新。
2012/04/13
誰のためにを更新。
2012/04/13
本来を更新。
2012/04/13
葬儀費用のススメを更新。
2012/04/13
ホームページリニューアル

おすすめ記事

中には未だに

葬儀屋の中には未だに悪徳な業者も存在しており、何かと後から追加料金が発生する場合があります。だからこそ、初めに明朗会計かどうかの確認が必要ですよ。

確認

葬儀費用は事前にきっちり確認しておきましょう。見積りがしっかりしていないと、後から負担が増えたりして、予想よりもタイヘンになったりすることがよくあります。

人生の総括を

人は生きていく過程で、さまざまことにお金を費やします。生活費であったり娯楽費であったり、交友費であったりと様々です。また、親族が亡くなったときにもお金は必要となります。不慮の事故などで親族が亡くなったにそなえるためにも、現在葬儀費用に対する関心が高まっています。また、個人では何かと煩雑なので、近年では各種専門業者に依頼するというケースも多くなっています。